もうすぐ1年バスガイド奮闘記

r7m5ze.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 06日

献血者年5万人増の見込み―英国滞在者からの献血制限緩和で日赤(医療介護CBニュース)

 かつての英国滞在歴による献血制限を滞在期間「1日以上」から「1か月以上」に緩和したことで、献血者数が年間で5万人増える見込みであることが、日赤のまとめで分かった。3月2日の薬事・食品衛生審議会薬事分科会血液事業部会運営委員会で明らかにした。

 日赤では、1月27日の採血分から滞在歴による制限を緩和。2月21日までの26日間(九州・沖縄は14日までの19日間)で、制限緩和により献血が可能になった3759人が献血した。年間では5.1万人になる見込みという。

 3759人のうち、滞在期間1週間以内が79.1%、2週間以内が93.1%だった。

 日赤の担当者は、「制限の緩和は献血者確保に有効」として、滞在歴による献血制限の緩和について、今後も積極的に広報する考えを示した。

 日赤と厚生労働省では変異型クロイツフェルト・ヤコブ病対策として、1980-96年に英国に滞在した人の献血を制限している。滞在期間による制限は昨年12月11日付の医薬食品局長通知で、「1日以上」から「1か月以上」に緩和された。


【関連記事】
新型インフル対策で英国滞在者からの献血制限緩和へ―日赤
新型インフルで血液製剤回収、昨年64件
自己血輸血の指針改訂案、承認は見送り
来年度の献血推進計画を了承―厚労省血液事業部会

田母神氏に出席見合わせ要請=統幕学校卒業式で防衛省(時事通信)
<鳩山首相>公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応(毎日新聞)
桜川市長に支払い命令=結婚式に公用車「私的な利用」−水戸地裁(時事通信)
<職員の名誉棄損>教育心理学会の元理事長ら敗訴 東京地裁(毎日新聞)
民主“参院の乱” 身内から「公共事業を止めるな」(産経新聞)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-03-06 09:38


<< <洲本市長選>竹内氏初当選 民...      ひき逃げ死亡容疑で会社員逮捕=... >>