2010年 03月 28日

外国人初の看護師合格=経済連携協定で受け入れ−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は26日、経済連携協定(EPA)に基づき受け入れたインドネシア人とフィリピン人の計3人が、看護師国家試験に合格したと発表した。EPAで入国した外国人の合格は初めて。
 同省によると、合格者はインドネシア人2人とフィリピン人1人。 

【関連ニュース】
経産省に「韓国室」=EPA交渉、企業リサーチも
東アジア共同体、5月具体化=鳩山首相が取りまとめ指示
看護師・介護士試験見直しへ=外国人向けに難解語言い換え
日韓EPA交渉の再開模索へ=鳩山首相が関心、こう着打開目指す
日本企業、情報収集急ぐ=大地震のチリに約50社進出

トキ検証委、4月に結論=小沢環境相(時事通信)
「元教諭から性的虐待」民事2審で賠償増額(読売新聞)
九州新幹線「つばめ」、利用者2千万人突破(読売新聞)
鳩山邦夫氏が地元で離党説明、容認と批判の声(読売新聞)
主力工場の業務停止処分でお詫びのコメント、再発防止策を徹底―大洋薬品(医療介護CBニュース)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-03-28 03:01


<< <足利事件>菅家さんの無罪判決...      黄砂、九州から北海道にかけ観測... >>