2010年 01月 15日

公明・山口代表 民主党候補支援の可能性に言及 (産経新聞)

 公明党の山口那津男代表は10日、NHKの番組で、夏の参院選の対応について「政権を失ったので、政党対政党の選挙協力は今考えにくい状況だ。これまで培った人間関係を中心に選挙の基盤を広めていきたい」と述べ、公認候補を擁立しない選挙区では、民主党の候補を支援していく可能性があることを明らかにした。参院選後の民主党との連携も排除しない考えを示した。

 一方、資金管理団体「陸山会」の不明朗な資金操作疑惑が持たれている民主党の小沢一郎幹事長に対して「自身が捜査に協力し、説明責任を果たすべきだ。それができないならば通常国会で対応を検討していきたい」と述べた。偽装献金問題で元秘書が在宅起訴された鳩山由紀夫首相にも「首相の信頼が失われている。自ら政治責任を決断すべきだ、と強く訴えたい」と改めて辞任を求めた。

【関連記事】
「首相の信頼なくなる」 普天間問題5月期限で防衛政務官
民主・連合で棲み分け 複数擁立区で小沢氏支援案
参院選、自民・大島氏「反小沢」のマグマが勝機
米国でも揺れる民主党? ベテラン議員が相次ぎ中間選挙不出馬
小沢氏、自民党壊滅作戦にメラメラ 土地購入疑惑も正面突破?

k5gtaoq1のブログ
太陽と月の話
z9skcukyのブログ
大歩危小歩危
噂話
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-01-15 08:24


<< <石川議員逮捕>土地購入原資「...      オウム井上被告の死刑確定(産経新聞) >>