2010年 02月 07日

高齢ドライバーの9割以上「自分の運転大丈夫」(読売新聞)

 75歳以上の高齢ドライバーの97・2%が「自分の運転は大丈夫」と感じていることが、警察庁が実施したアンケート調査でわかった。

 ただ、昨年11月までに実施された認知機能検査では、高齢ドライバーの29%に記憶力や判断力の低下傾向がみられており、過信は禁物のようだ。

 調査は昨年11月16〜27日、全国24都府県の自動車教習所で免許更新に訪れた75歳以上のドライバー4299人を対象に実施。

 運転能力についての質問には29%が「自信がある」、68・2%が「普通の高齢者と同程度」と回答。「自信がない」としたのは2・8%だけだった。

 運転の頻度については58・2%が「ほぼ毎日」と回答。運転中に危険を感じた経験は「ない」と「あまりない」が66・9%で、「よくある」、「ときどきある」の33・1%を大幅に上回った。運転の目的では、「病院」、「買い物」など生活上の理由が目立った。

土壁塗りに小学生挑戦 練馬区立池淵史跡公園(産経新聞)
<JR東日本>夜行列車の一部運休 日本海側の大雪で(毎日新聞)
横浜の小学校、不登校・暴力行為の専任教諭配置へ(読売新聞)
関東甲信、1日夜から一部で大雪…多摩すでに雪(読売新聞)
<山崎拓氏>離党しない意向表明(毎日新聞)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-02-07 01:52


<< 北方領土返還 「一番大きな思い...      7氏の争いに=長崎知事選(時事通信) >>