<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 16日

東京・大田区職員、覚せい剤所持で懲戒免職(読売新聞)

 東京都大田区は12日、区まちづくり管理課の主任主事の男(37)が自宅で覚せい剤を所持したとして警察に逮捕され、昨年11月に懲戒免職処分にしていたことを明らかにした。

 区は9日にも住民税などを着服した職員の免職処分を20日遅れで発表しており、今回の処分も約3か月伏せていた。同日、記者会見した松原忠義区長は、「公表を遅らせたわけではない」と話した。

 区の説明によると、元主事は昨年10月29日朝、墨田区内の自宅で覚せい剤を所持していた容疑で、埼玉県警浦和署に逮捕された。元主事が区に対し、「仕事が遅いことに悩んでいたので覚せい剤を使った」などと認めたため、11月18日付で懲戒免職処分としたという。

 区の内規では、懲戒免職処分は速やかに公表することになっている。しかし、区はこの事実を約3か月、公表せず、今月10日、警察に問い合わせて差し支えないとの回答を得たため、発表したという。

野口さん、シャトル出迎え=エンデバー、宇宙基地に到着(時事通信)
急増するインフルエンザ脳症、8割以上が新型で発病―国立感染症研究所(医療介護CBニュース)
小沢氏と進退協議か 首相「何らかの責任」(産経新聞)
テニアン移設「とんでもない」=防衛政務官(時事通信)
警察への暴力相談、1月以降6回…宮城3人殺傷(読売新聞)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-02-16 09:52
2010年 02月 15日

浮島現象 タンカーが汽車に 三重・鳥羽(毎日新聞)

 三重県鳥羽市の伊勢湾で8日早朝、朝日を背にした汽車が水平線を走っていくような幻想的な光景が見られた。光が強く屈折する「浮島現象」がタンカーを汽車に“早変わり”させたとみられ、同市船津町の日報連会員、岡村広治さん(63)がカメラに収めた。

 よく晴れ渡ったこの日、岡村さんは朝日を撮影するため鳥羽市石鏡(いじか)町にいた。カメラを伊勢湾に向けていると、名古屋方面に向かう大型タンカーが朝日を背に、みるみる5両連結の汽車に変形していった。津地方気象台によると、暖かい海水に冷たい空気が触れたため光が屈折、「浮島現象」が発生したらしい。【林一茂】

【関連ニュース】
<幻想的な光景>さっぽろ雪まつり2010
<幻想的な光景>皆既日食を写真で(09年7月22日)
<幻想的な光景>ツリーやイルミネーションの写真はこちら
<幻想的な光景>レクサスLFAの光り輝く透明オブジェ
<飛行機から朝日を>JAL:初日の出を拝む “福来る”便を元日に就航

日ごろ世話になった針を供養 東京マスダ学院(産経新聞)
<訃報>須田信英さん76歳=元原子力安全委員会委員(毎日新聞)
近ツー元社員、詐欺罪で起訴=旅行積み立て装い7億円−大阪地検(時事通信)
<名古屋市営地下鉄>線路に女性、はねられて死亡…伏見駅(毎日新聞)
資格ないのに交通事故示談交渉 弁護士法違反容疑で行政書士逮捕(産経新聞)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-02-15 08:59
2010年 02月 13日

<自民>山崎拓氏、「総合政策研究所」所長に(毎日新聞)

 自民党は9日の総務会で、今夏の参院選での公認を見送った山崎拓前副総裁を党のシンクタンク「総合政策研究所」所長に起用する人事を決めた。鳩山邦夫元総務相の後任の党政治倫理審査会長には、高村正彦元外相が就任した。

【関連ニュース】
山崎拓氏:離党しない意向表明
山崎前副総裁:自民党で活動継続の意向固める
谷垣自民総裁:定年制厳守を3氏に通告…将来見直しは含み
自民党:谷垣総裁、山崎拓氏と会談 非公認を直接伝える
自民党:比例公認「70歳定年制」厳守 党内意見を考慮

<夫婦同日逮捕>窃盗と横領、別容疑で 宮城県警(毎日新聞)
犬小屋全焼、イヌ70〜80匹が死ぬ 奈良(産経新聞)
16億7千万脱税容疑、コリンシアン元社長を逮捕(読売新聞)
<皇后さま>「国宝 土偶展」を鑑賞 東京国立博物館(毎日新聞)
<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける(毎日新聞)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-02-13 10:59
2010年 02月 12日

医療を取り巻く諸問題で討論―「医療政策サミット2010」(医療介護CBニュース)

 民間シンクタンクの日本医療機構が主催する「医療政策サミット2010」が2月10日、東京都内のホテルで開かれ、医療関係者や医療政策にかかわる国会議員らが参加し、医療を取り巻く諸問題について討論した。

 ブレークアウト・セッション第一部の「公的医療の規模と範囲、そして財源のあり方」では、民主党の梅村聡参院議員や京大の西村周三副学長、一橋大の井伊雅子教授らが討論した。席上、梅村参院議員は、国全体の財源問題を考えたとき、消費税の増税は避けられないとした上で、「医療費と消費税をリンクさせるのは難しい。社会保険料を中心に医療費(の充実)を考えていくべきではないか」と提言した。
 会場では「地域医療の再生とIT」や「製薬・医療機器産業の成長戦略:国家成長のドライバーとしての医療」などのセッションも催された。「医療政策サミット2010」は11日も行われ、枝野幸男行政刷新担当相が「医療財源の確保と事業仕分け」のテーマで講演するほか、日本の成長戦略と医療をテーマにしたセッションなども開かれる。


【関連記事】
「国家安全保障としての医療」シンポで宇沢氏らが講演−日医
社会保障担保のために「消費税論議を」−09年回顧と10年の展望 日本医師会・竹嶋康弘副会長
「医療の機能強化」テーマに都内でシンポ
「医療の機能強化には負担増必要」―権丈・慶大教授
各党マニフェスト 社会保障政策は?(3)医師不足解消など社会保障に重点−その他各党

秋山被告3月に判決=防衛コンサル脱税−東京地裁(時事通信)
石川議員擁護で正面突破へ=世論厳しく、一段の支持低下も−民主(時事通信)
<国民生活センター>がん入院保険金不払いで約款改善求める(毎日新聞)
無人島 1億円で落札 広島県「三ツ子島」国有財産売却で(毎日新聞)
<内閣府世論調査>殺人の時効 25年は「短い」が過半数に(毎日新聞)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-02-12 13:02
2010年 02月 11日

クレヨンしんちゃん 最終回を掲載 臼井儀人さん死去で(毎日新聞)

 漫画家の臼井儀人さんが09年9月の死去前に描いた最後の「クレヨンしんちゃん」が5日発売の「月刊まんがタウン」に掲載された。「しんちゃん」は90年に連載が始まり、今回の第1126話が最終回となった。同誌編集部は続編を検討中。テレビアニメや映画は今後も製作される予定。

【関連ニュース】
注目リリース:バンダイナムコ、DS用ソフト「クレヨンしんちゃん」の早期購入者特典を発表
埼玉県:観光サイトでアニメのカルトクイズ 「らき☆すた」など
クレヨンしんちゃん:臼井儀人さんの遺稿発見 連載3カ月延長
「しんちゃん」作者・臼井さん、不慮の死=佐藤雅昭
ジェロ:初主題歌に「しんちゃんのお陰」 「オタケベ!カスカベ野生王国」初日舞台あいさつ

<わいせつ行為>容疑の埼玉県警巡査長を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
長崎県知事選告示 大仁田元参院議員ら7人が届け出(産経新聞)
官房長官、小沢氏辞任論「世論調査、一概に判断できない」(産経新聞)
後発品の説明「受けたことがない」が6割(医療介護CBニュース)
<お灯まつり>山から滝のように流れる炎 和歌山県新宮市で(毎日新聞)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-02-11 08:42
2010年 02月 10日

フィリピン スラムに救援拠点…映画監督の四ノ宮浩さん(毎日新聞)

 アジア最大のスラムと呼ばれたフィリピンのごみ捨て場で暮らす人たちを撮る映画監督、四ノ宮浩(しのみや・ひろし)さん(51)が、映画を見た人たちの寄付金を基に現地にボランティア施設「バスーラの家」の建設を進めている。病気で亡くなる子供を助けるために予防接種や給食の場とする計画で、3月にも完成する。ボランティアの無料宿泊所も兼ね、「日本の若者と住民が交流し、現状を変える力になれば」としている。【馬場直子】

 ◇撮影がきっかけ…予防接種や給食の場に

 建設場所は、マニラ北部の「アロマごみ捨て場」敷地内。四ノ宮監督は89年から度々現地入りし、ごみ捨て場にバラックの小屋を建て、資源ごみを換金して暮らす人たちのことを撮影。「バスーラ」(タガログ語でごみの意味)など、3作を公開した。

 取材や撮影の際、最も心を痛めたのが子供たちの死だった。ごみ山に住むため、衛生状況はひどい。薬代が月収の5分の1にも上り、病院にも行けない。ごみ拾い中、トラックにひかれることもある。現状を知ってもらうために映画を撮ってきたが、「より直接的な支援をしたい」と、「バスーラの家」の創設を決めた。

 施設は平屋建て約250平方メートル。四ノ宮映画に出演した住民や日本人留学生がスタッフを務める予定。地元の医師と協力し、ポリオなどの予防接種をしたり、給食の提供などをする。

 昨年10月に着工し、12月には、映画を見た日本人大学生7人が、私費で現地に渡り、造成工事などを手伝った。現地に入って3日目に赤ん坊の死に立ち会ったという慶応大3年、中井洋平さん(21)は「頑張れば幸せになれる。そんな当たり前の環境を整えてあげたい」と語る。

 四ノ宮さんは撮影中に「自分は一生、ごみ捨て場で暮らすから、弟と妹を学校に行かせて」と願う少女に出会った。炊き出しなどをするボランティアツアー参加者を募集中で、「日本の若者に、他人のために生きる素晴らしさを分かってもらえたら」と話す。

 建設・運営費のカンパやツアーの申し込み・問い合わせは、四ノ宮監督が代表を務めるオフィスフォープロダクション(03・6425・9037)へ。

【十字路】テッポウウオ、ハートの標的を狙い撃ち(産経新聞)
【中医協】「公聴会の意見、中医協に反映を」(医療介護CBニュース)
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝−大阪府警(時事通信)
<雅子さま>病状は大きく改善 東宮職医師団が見解(毎日新聞)
高校生、ボーガン撃たれけが=傷害容疑で男を逮捕−神奈川県警(時事通信)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-02-10 08:37
2010年 02月 09日

フジが通期予想を下方修正 4〜12月期は28%の最終減益(産経新聞)

 民放キー局最大手のフジ・メディア・ホールディングス(HD)が4日発表した2009年4〜12月期連結決算は、売上高が前年同期比1・9%増の4353億円、最終利益は同28・5%減の65億円と、増収減益だった。

 グループ会社の増加で増収につながったが、広告収入の落ち込みに加え、映像音楽事業の営業赤字などが響いた。

 2010年3月期の通期業績予想を下方修正。売上高が昨年11月時点の5810億円から5781億円に、最終利益は54億円から35億円に引き下げた。

【関連記事】
吉本興業が28日に臨時株主総会 株強制買い上げへ定款変更
でき婚、薬物、経費削減…2009年の芸能・メディア界
ライブドアと堀江被告が208億で和解 損害賠償請求訴訟 東京地裁
フジ・メディアHD、セシールを完全子会社化
吉本TOB 「マルチユース」戦略など加速、非上場化の流れに一石

<横浜事件>元被告の遺族に全額補償 事実上無罪判決 地裁(毎日新聞)
JR常磐線の線路脇に放火 容疑の男逮捕 ひたちなか(産経新聞)
東京都心で初の積雪=関東甲信越は未明に大雪−気象庁(時事通信)
石川被告進退、民主に離党論 「まず本人意思」首相辞職言及(産経新聞)
<狐の嫁入り道中>花婿と花嫁が面つけて…三重・四日市(毎日新聞)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-02-09 14:03
2010年 02月 08日

<人事>警察庁(15日)(毎日新聞)

 警察庁(15日)関東管区警察学校教務部長(警察大学校警備教養部長)岩田彰▽警察大学校警備教養部長(情報技術犯罪対策課長)得津八郎▽情報技術犯罪対策課長(神奈川県警刑事部長)四方光

運転の男が逃走指示か=同乗者供述、名古屋ひき逃げ−愛知県警(時事通信)
和辻哲郎文化賞に今橋、互の2氏(時事通信)
「別れさせ屋」野放し、ヤフーが広告掲載中止(読売新聞)
神奈川県教委、不起立教員の氏名収集を継続(産経新聞)
<施政方針演説>「抑止力」の語句削除…日米同盟めぐり(毎日新聞)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-02-08 20:41
2010年 02月 07日

北方領土返還 「一番大きな思いだ」 首相ら全国大会に参加(産経新聞)

 北方領土返還の実現を目指す「北方領土返還要求全国大会」が7日昼、東京都千代田区の九段会館で開かれ、元島民と関係閣僚、与野党国会議員、自治体関係者らが参加した。

 鳩山由紀夫首相はあいさつで、祖父の一郎氏(故人)が首相当時に日ソ共同宣言に調印したものの、領土問題が残った点に言及。「(ロシアの)メドベージェフ大統領との首脳会談で、まだ道のりは長いと思ったが、2島返還という結論は有り得ない」と述べた。

 さらに、「鳩山が最も果たしたい一番大きな思いが北方領土解決だ。色々なアプローチがある。この世代で問題を解決したい。道は必ず開ける。どうぞ一緒に戦いましょう」と決意を強調した。 

 政府は、北方四島が日本の領土と確認された1855年の日露和親条約(通好条約)締結日の2月7日を「北方領土の日」と定めている。今年は、旧ソ連が戦後、北方領土を不法占拠して65年に当たる。

 首相は就任時、政権発足から半年で問題解決に道筋をつけると表明したことがある。

【関連記事】
北方領土の日 四島返還に首相の決意を
北方領土返還目指し きょうから「ブラウンリボン」販売 
北方領土「新提案はなかった」日露外相会談について岡田外相
日露外相会談、北方領土問題の進展はなし 「立場異なる」
日露外相あす会談 露は「過去にとらわれない解決」提案

節分に「オニヒトデは外」 和歌山・白浜で駆除イベント(産経新聞)
外環道工事 40年ぶり再開(産経新聞)
<公務員法改正案>局長級の降格盛る 実績次第、部長級へ(毎日新聞)
鹿児島発JAC機、エンジントラブルで引き返す(読売新聞)
新幹線停止 ボルト付け忘れ パンタグラフ 部品外れ架線切断(産経新聞)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-02-07 22:11
2010年 02月 07日

高齢ドライバーの9割以上「自分の運転大丈夫」(読売新聞)

 75歳以上の高齢ドライバーの97・2%が「自分の運転は大丈夫」と感じていることが、警察庁が実施したアンケート調査でわかった。

 ただ、昨年11月までに実施された認知機能検査では、高齢ドライバーの29%に記憶力や判断力の低下傾向がみられており、過信は禁物のようだ。

 調査は昨年11月16〜27日、全国24都府県の自動車教習所で免許更新に訪れた75歳以上のドライバー4299人を対象に実施。

 運転能力についての質問には29%が「自信がある」、68・2%が「普通の高齢者と同程度」と回答。「自信がない」としたのは2・8%だけだった。

 運転の頻度については58・2%が「ほぼ毎日」と回答。運転中に危険を感じた経験は「ない」と「あまりない」が66・9%で、「よくある」、「ときどきある」の33・1%を大幅に上回った。運転の目的では、「病院」、「買い物」など生活上の理由が目立った。

土壁塗りに小学生挑戦 練馬区立池淵史跡公園(産経新聞)
<JR東日本>夜行列車の一部運休 日本海側の大雪で(毎日新聞)
横浜の小学校、不登校・暴力行為の専任教諭配置へ(読売新聞)
関東甲信、1日夜から一部で大雪…多摩すでに雪(読売新聞)
<山崎拓氏>離党しない意向表明(毎日新聞)
[PR]

by slw64jtrbm | 2010-02-07 01:52